病んでないので

 20XX年、世界は未曽有の大飢饉に襲われていた。アメリカではトウモロコシの不作と世界的ハンバーガー畑での大火事、超大型ハリケーンオクトパスの到来が起き、大統領は国家非常事態宣言を発令した。ヨーロッパでは雨が空から降り、中国ではパンダが暴徒化し畑を蹂躙し、インドでは排泄物とカレーが混ざる野原ひろし事件が起きた。日本もその例外ではなく、熊本の豪商が青森の林檎を買い占めたことにより、りんごの値段が高騰する事態が発生した(リンゴ危機)。

 荒れ果てた世界は闘争へと向かった。個人や民族の生存を賭けた闘争だった。闘争は長い間続いた。

 

 戦乱の期間、日本は、主に3つのグループに分裂し争っていた。

 一つ目のグループは、科学文明を受け継いだグループ。彼らは九州に分布し、闘争を傍観し一貫して中立の立場を取った。

 二つ目のグループは盗賊。ワハラー団と呼ばれた彼らは遊牧民族の様に日本中を駆け回り、炎上や売名行為を繰り返していた。

 三つ目のグループは、各々界隈(テリトリー)を持っていたグループだ。大体は大君と呼ばれるリーダーが治めていて、自給自足の生活をしていた。保守的な人間が多かった為、界隈と界隈の間の交易は少なかった。むしろ侵略戦争や土地や水の奪い合いが頻繁に発生していたのだった。

 

 日本で戦乱の世に希望の光が見えたのは、かの大飢饉から11年が過ぎた頃だった。九州の科学文明を継承したグループの女帝が崩御したのだ。というもの、女帝は飲んだくれでヘビースモーカーだった。

 次の女帝を決める話し合い〈佐世保会議〉の際に、二人の少女が候補に上がり、どちらを女帝にするか争いが発生した〈八代の戦い〉。激闘の末、元ワハラー五虎将の松本猛が擁する守護神が勝利し、敗れた音香丸と戸系は奄美大島島流しにされた。

 

 即位した守護神は荒れきった日本を統一する意志を示し〈守護神勅令第一条〉、松本猛を征東大将軍に任じた。勇猛果敢で仁義に熱い松本猛は次々に四国や山陰、山陽、関西、北陸を制した。中には無条件降伏する界隈もあった。

 ところが、守護神女帝即位から一年後の夏、破られた界隈の残党を保護していた日本最大の界隈を保持する霧崎に惨敗を喫し〈碓氷峠の戦い〉、その戦いで松本は左足を失くす大怪我を負い戦闘不能になった。松本の代わりに配下の尾辺が臨時に指揮を取るが、兵は纏まらず、二度目の惨敗をした。

 そこで現れたのが女帝守護神であった。自ら剣を振るい、兵を率い親征なさったのだ。守護神が来たことにより松本は復活、兵の指揮も高まった。加えて、第三勢力ワサラー団が合流した。その結果、〈軽井沢の戦い〉で霧崎軍を破り、そのまま一気に勢いに乗り、本拠地のさいたまスーパーアリーナを包囲した。霧崎は登校の韓国を拒絶し、愛人の湊友希那と渡辺曜と愛猫のミーシャと共に自ら火を放ち自害した(この際に霧崎の骨は見つかっておらず、実は逃亡に成功していたという説もある)。

 

 最強と言われた霧崎が討たれると、東北と北海道の諸界隈は絶望し次々と降伏していった。そうして日本は統一なされ、長崎を首都とする神聖日本帝国が建国されたのだ。また、日本より先に統一に成功し、第二次産業革命に成功した大朝鮮民国と国交を結び(この際に八代の戦いで敗れた戸系が活躍する話はまたいつか話そう)、東アジアに平和と秩序がもたらされることとなった。めでたしめでたし…

 

END

 

 

 

 

 

天才とは

 ブログを書こうにも何について書こうか迷いフォロワーに尋ねたら、以下のように言われたので「天才とは」について語ろうと思う。
f:id:takosanr:20190921225137j:image

 

 天才といえば誰を思い浮かべるであろうか。相対性理論を発見した物理学者のアインシュタイン、「神の子」と称されたサッカー選手メッシ、近代をつくったと言われる哲学者デカルト、欧州を蹂躙したナポレオン、世界中を魅了した数々アーティストやエンターテイナーなどなど、どの道にも天才はいる。では、そのような天才達になるにはどのようにすればいいのか。そして、どのような人が天才なのだろうか。

 まず、ここで言う「天才」が何を指すのかを明確に定義しておきたい。第一に、ある道において頂点、あるいはそのような地位にいる人である。第二に、教科書に載ったり、載らないにしても人々からの支持や評価を得ている人である。以上の点を踏まえたような人間のことを「天才」と呼ぶことにする。

 

 よく「天才は発達障害者だ」「天才は異端者である」といったことをよく耳にする。

 「天才」は世間一般の人間と違った考え方や行動をすることは多い。実際、文豪の多くが異質な性癖を持つ変態だったり、アスペルガー症候群の人間は数学が得意だったりとなんらかの普通ではないことを抱えてることが多いような気もする。

 また、共産主義ファシズム、カルト宗教といったものに傾倒する「天才」も多くはない。

 例えば、アメリカ初のチェス世界チャンピオンのボビー・フィッシャーは、カルト宗教にドップリハマり借金をしたり、奇行を繰り返していたようだ。

 しかし、こういったことは「天才」の定義付けと別離にすべきである。何故なら、それは彼らの実力やとは全くもって関係がないからだ──もちろん、それらが直に信用に直結するようなことを生業にしている場合は別であるが。人を評価する時に、性格や日常生活における考え方を見るのは友達になるときや恋人になるとき、仕事相手になるときだけでよいのだ。つまり、「天才」を評価する場合に見るべき点は、その人の「異端さ」ではく、「非凡さ」なのである。

 並外れた身体能力、並外れた思考力、並外れた観察力。そのような「普通」と比べて桁違いに優れている人間を、「天才」と呼べるのだ。

 並外れた能力を身につける為にはどのようにすへばいいのか。それは至って単純で、人と違うことをすればいいのだ。例えば、並々ならぬ努力をしたり、「天才」と呼ばれるような人から教えを請いたりする。また、親の教育や育った環境にも左右されることもあるだろう。ユダヤ人に「天才」やお金持ちが多いのは、教育方法(詳しくは知らないが)が素晴らしいからだと言われている。

 

 要するに、非凡な努力と非凡な教育環境によって、「天才」は生まれるのだ。そういう意味では、産まれた時点で「天才」になれるかどうかは既に決まっているのかもしれない。やはり運命は残酷なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休みの人生感想文

 8月の21日、残暑も厳しくなくなり、だいぶ涼しくなってきた頃だった。私は春から続けてきた受験勉強のスタミナが尽き、「もう勉強をやめてFラン大学に楽して行くか」、「AO推薦で早く楽になってしまおうか」のような考えが脳裏を過り始めていた。
 PUBGやTwitterをしたが、やはり心の空疎感と虚無感は埋められず、仕方なく、どうしようもないダメ人間になったときにいつも使う「徹夜リセット」を行うことにした。そうと決まれば、やはり相棒のエナジードリンクを連れてくる他ない。夕飯を食べ終わると、私は自販機へと重い足取りで向った。
 
 外は涼しかった。コオロギやキリギリスも鳴いていた。道端にはアブラゼミが転がっていた。セミファイナルかと思い触ってみたが、とても軽く、ピクリとも動かなかった──まるで今の私のように。夏はもう終わるんだな。自販機までの道のりはとても長く感じた。モンスターエナジーを買うと、いつものような寄り道はせずに、すぐに家に帰った。
 
 家に帰るとすぐに、モンスターエナジーを氷を沢山淹れたグラスに注いだ。独特の人工的な匂いとシュワシュワという音が部屋に広がっていった。一口飲むと気分が高揚してきた。夜風を浴びたいと思い、虫が入ってくるのを忘れてベランダの窓を全開にした。しかし、まだ何か足りないと思った。私はベランダの腰窓に座った。思えば、ここに座るのはいつぶりだろうか。

 ベランダでしゅごしんとLINEしながら虫の音色を聞き、モンスターエナジーを飲む。そこには少年時代の夏とは違った、青年時代の"夏"があった。空を見上げたが、曇っていて月はなかった。「この月を君も見ているのかな」と臭い捨て台詞を言おうとしていたのだ。しかしそれがまたいいのか。私はしゅごしんにそう言うと、「月がきれい✨ですね!haha」としゅごしんが返信してきた。これがしゅごしんなんだよな。俺はモンスターエナジーを口に運びながら、そう思った。簾が風に揺られ、キリキリと音を鳴らしている。モンスターエナジーはいつもより甘かった。

文体練習2

『文体練習』は俺の知り合いのフランス人の大物作家レーモン・クノーが1947年に発表した実験的文学なんだよねw

「バスの中で見かけたDQNの若者を罵倒するオタクを、2時間後に別の場所でもう一度見かける」っていう短い話を99通りの文体で叙述するってわけwwちな、彼女はアスナに似てるw

文体練習1

『文体練習』はフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に発表した実験的な文学作品である。「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短い話を99通りの文体で叙述する。

おすすめ!俺の独断と偏見のマイナーだけど面白いアニメ

どーも!

たこサンです!

みなさんは"他の人は知らない自分だけが知ってるモノ"ってありますか?

例えば、いつも真面目な生徒会長が裏でめっちゃタバコふかしてるのを自分だけが知ってるとか、穴場の飲み屋とか、確実に空いてる裏道とか……

僕はこういうのが大好きなんですよ(独占欲が強いってことなのか?)

だから趣味であるアニメでも「みんながあまり知らないけど良いアニメ」っていうのを探しがちで、結構マイナーなアニメを知っている自信があるし、それらを自慢したい!

ということで、今日はその中でも特にオススメなアニメをご紹介します

 

1.「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト


f:id:takosanr:20190427012848j:image

【たこサンレビュー】

少し昔のアニメなので作画に抵抗ある人いそうだけど独特の世界観と怒涛の後半に引き込まれる人も多いと思います。日常回も普通に面白い。

【あらすじ】

あたいはまだラッパ下手くそだけど、ラッパ吹く兵隊さんになる!とりま、砦で頑張るわ!!!

【似ている作品・予習すべき作品】

少女終末旅行、ガールズアンドパンツァー

 

 

2.魔法少女育成計画


f:id:takosanr:20190427014015j:image

【たこサンレビュー】

まどマギのパクリと言われがちだけど、まどマギと似てるのは「みんな死ぬしかないじゃない!」ってところだけ。戦闘シーン、鬱展開、若干のリョナが好きな人はとても面白いと思う。ライトノベルの方もやべーから見るべき。

【あらすじ】

やったー!魔法少女になれた!!!魔法の力でみんなを助けるんだ!!!!!!

【似ている作品・予習すべき作品】

まどマギ、原作の方の魔法少女育成計画

 

3.灰羽連盟


f:id:takosanr:20190427014550j:image

【たこサンレビュー】

一周見ただけじゃ分からないやつ。作画が萌えアニメじゃないし、古いから抵抗ある人はありそう。ただ面白さだけは絶対保証できる作品ではある。何故こんな名作が有名じゃないのか?それは放送環境が劣悪だったからだそうです。

【あらすじ】

きゃー!!なんか空から落ちる夢みたら灰羽っていう天使と人間の間みたいなのになってた!!この世界は不思議だなあ…っ!?カラス!!

 

4.琴浦さん


f:id:takosanr:20190427015137j:image

【たこサンレビュー】

男は感動できる。女はただただ琴浦さんにムカつくと思います、ハイ。僕は基本的にラブコメが嫌いなのですが、何故かこの作品はスイスイ見れた。マイナーではないかもしれない。

【あらすじ】

えーーーん!!!!能力のせいで、ママとパパは離婚して、みんなにいじめられて、またこの学校でもイジメられるんだろうなぁ(泣)って、なんやねんこの男!!!!!!

【似ている作品】

ようわからんけど、ラブコメは大体こんな感じなんじゃないの

 

5.うらら迷路帖


f:id:takosanr:20190427015747j:image

【たこサンレビュー】

きらら半万年の歴史の中でも面白さトップ5には確実に入るアニメ。面白いし、可愛いし、エッチィし、OPはめっちゃ良曲だし、人によってはごちうさきんモザよりもハマる。しかし、けものフレンズというアニメの背後に隠れてしまい、大して注目されなかった。

【あらすじ】 

わたし!うららになる!!ママがうららだもん!たしか!!っていうことで街来た!!

【似ている作品・予習すべき作品】

原作

 

6.ブラック・ブレット


f:id:takosanr:20190427020541j:image

【たこサンレビュー】

量産型ライトノベル系アニメな気もするが、戦闘シーン、OP、世界観、ティナちゃん、蛭子影胤が凄い好き。中二病ロリコンを大量生産してしまうという悪名高きアニメでもある。「2014年春アニメ」という覇権レベルのアニメが大量に産みだされたあの世代でなければもう少し知名度が上がっていたと思う。

【あらすじ】

ガストレアとかいう化物ぶっ殺すぜ!!アンジュ、行くぞ!!!

【似ている作品・予習すべき作品】

ロウきゅーぶ!進撃の巨人

 

7.フリップフラッパーズ


f:id:takosanr:20190427021451j:image

【たこサンレビュー】

作画と展開の暴力。監督や作画陣をウィキで見ればわかるんだけど、ジブリエヴァの人達がいるからかなり"ガチ"。6〜8話くらいまでは「視聴者が理解する」ということを忘れているアニメ。まあ、全部見終われば全部理解するよ。全部理解するとめっちゃ面白くなるからもう一週しよう!心理学的な話もあるから難しい人には難しいかもしれない。

【あらすじ】

私、そこらへんの普通の女子中学生!ちょっ!なんやこいつ!!なんかそら飛んでる女の子に誘拐されて変なところ来ちゃったんだけど!!!!なにこれ!!

【似ている作品、予習すべき作品】

エヴァンゲリオンメイドインアビス

 

8.しろくまカフェ


f:id:takosanr:20190427022649j:image

【たこサンレビュー】

ギャグ漫画みたいな感じ。シュールで面白い。動物に詳しくなれるかも。けものフレンズ2みたいな炎上の仕方をしていた。動物アニメなのにアニメ外部で「人間の醜さ」を学ばせてくるのやめてほしい。

【あらすじ】

しろくまが経営してるカフェに通ってるパンダとペンギンさん!その周りの動物達?人達?の出来事!!

【似ている作品】

けものフレンズ

 

9.城下町のダンデライオン


f:id:takosanr:20190427023822j:image

【たこサンレビュー】

きららっぽくないアニメ。百合、近親相姦、BL、純愛、熟女、ロリなどなどのような性癖開発アニメとか思って見てみたが、中々面白かった。主人公が勃起タイムbotのアイコンということのほうが有名そう。きららアニメだと思って見ると損します。

【あらすじ】

わたし、能力を持つ王家が国を支配している国の王家の三女!!次の王選の為にテレビとかにでさせれて恥ずかしい〜><

みんなはそれぞれ頑張ってていいなぁ〜!!!

 

10.サクラダリセット


f:id:takosanr:20190427024528j:image

【たこサンレビュー】

ストーリー展開、伏線、世界観、作画全てにおいて素晴らしいと言える作品。話が小難しいし、ライトノベル的、深夜アニメ的面白さには欠ける作品のため、ラノベ脳のオタクには難しい過ぎるかもしれない。話がつかながるときの気持ちよさレベルはまどマギ進撃の巨人の伏線並か、それ以上に凄いと思う。哲学とかの話が多くて個人的には凄い面白い。

【あらすじ】

ここはサクラダ、能力者が住む街!俺もその一員!なんか呼び出されて屋上行ったらなんかリセットさせられっちまった!!この能力すげー!!!

 

 

<最後に>

面白いから興味のあるジャンルのやつとかは暇だったらぜひ見てね!

 

身近に潜む危険

 私達は進んだ文明のおかげで、日々"何か"からの恐怖を感じることに麻痺している。恐怖があるとしても、社会的な抑圧ぐらいだろう。しかし、私達は常に未知の"何か"から襲われるかもしれないという恐怖に駆られなければならないはずなのだ。それが生物として、人間としての本能のはずだからだ。それを思い出してくれたのは本日あった世にも奇妙なとある出来事であった。今日はその話をしよう。

 それは学校の昼休みに起きた。私は食堂で友人と昼飯を食べ終わり、トイレに行った。見た目はとても新しく清潔だが、いつもどおりのカビが生えた昆虫ゼリーとドックフードを混ぜた様な激臭とAVによくいる黒人男性のような喘ぎ声の如く轟く最新型の換気扇が機能しているのか分からないほどのムシムシとした空気はやはり好きではない。いつもの如く6つ目のトイレに立った。私の定位置はここだ。しかし、いつもと違い、今日はトイレの排水溝(?)の手前のなだらかな坂の所に縮れた太い陰毛が一本落ちていたのだ。私はそれを発見した瞬間は「誰だよ…陰毛落としたやつ……よくあることだけど」と思い、何も疑問を感じずに用を足した。社会の窓を閉じ、一歩下がると自動で水が流れ陰毛もヒューと流されて消えた。これを見たとき、私は変だと思った。

 何故変なのか。それは普通に考えて、陰毛がそこに留まることが不可能だからだ。

 

 説明しよう。
f:id:takosanr:20190412231418j:image

 まず、Aの様に股間から直にそこに落ちたとしよう。(絵が下手で申し訳ない)この場合、一歩下ろうが横に行こうが、そこから離れたら時点で、水が自動で流れて陰毛はゲームオーバーだ。「陰毛が引っかかる場所」というのは排水溝しか存在しない。トイレには排水溝と僅かに下の方にあるなだらかな坂以外は殺伐とした空虚な90度の壁があり、引っかかることも許されず、仮に何かしらで引っかかったとしても、30分毎に流れる自動洗浄の水か一歩離れたら流れる水の力で陰毛程度なら奈落の底へと流してしまうからだ。


f:id:takosanr:20190412232356j:image

 では、Bの図の様に陰毛を投擲したらどうだろうか。しかし、髪の毛で実験したところ不可能であった。理由は単純である。陰毛や髪の毛のような人間の体毛ではよっぽど距離が近くない限り、あの中にいれるのはMBAのスーパースター達でも不可能であるからだ。仮に近くで入れたとしても一歩離れたらの自動洗浄が発動してしまうので意味がない。


f:id:takosanr:20190412232803j:image

 次に、Cの場合はどうだろうか。図がわかりにくいかもしれないが、要するにトイレの上に立ち、そこから陰毛を落とすということだ。これならば遠くにジャンプして降りることさえできれば、自動洗浄も発動せずに出来る。ところが、狭いトイレの上にはほぼ登れないし、登れたとしても陰毛を落とすことができる猛者はまずいない。さらに、自動洗浄がある為陰毛を見つける前の最高30分以内にそれをしなければならない。そんなことができる人間はやはりありえない。

 

 このように、陰毛がどの様な経緯で落ちたのかは私にはもう想像のしようがない。それに加えて、もう一つの謎が見つかってしまったのだ。

 それは私が陰毛を発見したとき、「よくあることだけど」と思い込み、異変だと思わなかったことである。そもそも、陰毛がトイレに落ちているは洋室トイレなどではあるが、このような男子トイレにあるタイプのトイレでは見たことがなかった。何故、「よくあること」だと思ってしまったのだろうか。

 それは一種の、人間の記憶の誤認識だと考えられる。似たような記憶同士で勝手に結合させて考えてしまうことや思い込みで記憶を改竄してしまうのはよくあることだ。例えば、有名な話で『千と千尋の神隠し』のEDがある。『千と千尋の神隠し』にはEDが無いが、多くの人がEDがあると思い込んでいたという話だ。私も似た体験が昔のアニメを見返したときにあった。つまり、思い込みにより「トイレに陰毛よく落ちてるよな」という記憶が私の中で作られてしまっていたのだ。

 

 これに気づいた時、私はこの陰毛事件の真理に気づいたのだ。そう、実は「陰毛は人間が落としたモノ」というのも思い込みであると考えたのだ。つまり、陰毛を落としたのは人間以外の"何か"であり、自動洗浄機能にも意を介さない何かがあるのだろう。だから陰毛を悠々と落とせたのだ。

 この発見は実に恐ろしいことだった。学校のトイレという身近な場所に、私の知らない"何か"が存在しうるということだからだ。

 真実は恐ろしい。しかし、時にそれは私達を真理へと導いてくれる。自動洗浄やビデ、便座ヒーターなどの最新のテクノロジーを搭載している便器が数々ある新しくキレイな学校のトイレは現代科学文明によってかき消されかけていた私達の未知への恐怖心を思い出させてくれようとしてくれたのかもしれない。

 

あとがき

・自分が社会の窓を開ける前から陰毛は存在していた